潜在

DP2s使うようになってから少しだけ底が浅くなったように感じる
SDIM7098-SIGMA DP2S.jpg

DP1は結構じゃじゃ馬、というより割と出来ない事が多いカメラだった
高感度は全くダメだし、レンズも暗くて屋外でないと使えないかなと思ってたけど
あるとき気付いたのが、あえてiso100でマニュアルにしてf4で1/30くらいにして
当然MFで5mか少し手前にしてテープで固定した状態で撮りまくるとぱっと見は全滅だけど
自分はLightroom使うのでソフト上で暗部を引き上げると出てくる出てくる!
デジタルは白トビは「死」を意味するけどもその逆に黒はいろんな情報で出来ている
まぁホントに黒だけってのもあるけども…
DP1の場合、適正露出から3段位までのアンダーならちょっと面白い感じに出してくれる
当然荒れまくりなんだけどノイズがとってもフィルムっぽく見える

それで色々試して気付いたのがiso100で2段アンダーはiso400なら適正じゃん!
でも面白いのはiso100で撮ったものの方が個人的にはいい感じに見えたりして
でDP2sになってiso800常用になったのもあるけどそんなに暗部を引き上げると
激しくトーンジャンプしちゃう…まだまだ試さないとダメだけど
自転車で移動中に撮るというのもダメな要因なんだよなぁ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック