先日のベアリングの続き
そのベアリングの間に入るディスタンスカラーを
製作してもらおうとお願いしてみたら
やはりネックは肉厚の無さ…
もともと15mmのシャフトだったところに20mmのシャフトだから
肉厚が無くなるのはしょうがない
外径はもう少し太く出来そうなもんだが理由は
IMG_0365.jpg
奥になんだか微妙な壁があるので外径がすぼめられてる
週末にでも削ってみよう

他にも気付いたこと
リアのホイールはベアリング打ち変えしない予定だったが
イカれてるっぽいからココも交換必要
Fディスクのネジは5本、DR-Zのは6本…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック