愛するD700

D700修理完了したとの連絡があったのは先週末の事
修理に出したのは2/11だったからおよそ10日で修理完了した

金額も最初の見積もりは最悪の事態を考えてということで高めに言われてたので
実際にはもっと安くて助かった〜


















留守中はもう一眼レフは自分には必要ないかなとか考えてた
頼まれものの撮影も無ければないでそれでもいいかな

フルサイズは自分にとって精神安定剤という麻薬
デジカメしか撮った事が無い人達にしてみたらAPSこそ標準で、
周辺画質が落ちるのに背伸びしてるようにしか見えないんじゃないか?
さらにはサイズと引き換えにこんなに重いのはどうなんだろうとか
すこしネガティブになってしまっていた

でも今回の修理でD700はすっかり綺麗になって帰ってきた
触ってみるとゴムは張り替えられて手にくっつくみたい
電源のオンオフレバーは軽くまわる連動絞り環は元通り少しがたつく位(笑)
MB-D10も大丈夫、軽やかに秒間8コマ切れる
修理に出したからって視野率が100%になる訳でも軽量化される訳でもないけど
自分には程良いカメラだと思う


D700修理中はビゾが大活躍!
なんて事は無かった…(^ ^;

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック