ペンタックス Q7


ペンタックスのQ7、Qは発売当時からずっといいなと思ってた
すでにQ-S1が発売されてるけど、Q7を買ったその理由は安かった (^ ^;

初めてのペンタックス、コンパクトカメラより安かった



コンパクトデジカメが欲しいなと思ってた、理由はポケットに入るカメラが欲しかった
気軽に持ち出せてポケットからぱっと出して携帯よりも良い写真が撮れるもの
実はQX10がこのポジションにピッタリだったのだが
まぁ色々とあって…だってiPhoneとの接続が遅いんだもん!
そこで何かないかなと思ってたら、コンパクトカメラ以下の価格でQ7が出ていた

しかし冷静に考えよう
手元にはニコン1があるじゃないか、これに単焦点を付けてもいいじゃないか
それはそれで正解なんだろうけど、気になるのがレンズラインナップ
f2.8通しの明るいズームレンズ、魚眼レンズが無いことが問題
レンズラインナップはQはとても偉い!MFレンズだけど魚眼があるし
なんといってもシステム全体が財布に負担が少ない(広角ズームは高いけど)

20150416 014705 PENTAX Q7.jpg

ペンタックスは実はこれが初めて手にする
何度かカメラ屋で触っているけど、コンパクトカメラの印象はメニュー画面がオモチャっぽかった
けどこれはそんな感じはあんまりしない、それよりも判りやすい
アートフィルターも自分はあんまり好きじゃないんだけど
Q7はキャラクター的にjpgがメインだからちょくちょく使う
ただ気になる点はいくつかある、背面液晶が貧弱!MFするにはちょっとムリがある
バッテリーは持ちが悪く、向きの誤挿入の危険がある
再生ボタンの位置は使いにくいなぁ

20150421 124837 PENTAX Q7.jpg

しかしこの辺りはバランスとして難しいだろうなと思う
背面液晶が立派になると電池の消耗も激しくなる、EVF付けたらなおさらだろう
しかし魚眼なんて距離指標を付けてくれたら解決しちゃう
01standard primeレンズは写りも良いけどフルタイムマニュアルも効く
ピントリングの感触は褒められないけど、MF操作をすると自動的に拡大するところは良い
追尾式のAFはとっても便利で使いやすい

バッテリーは、大きな声で言えないが互換バッテリーが安いのでそんなに問題にならないかも
小さいし安いので自分はラベルを挿入しても見える位置に貼って
番号を振っている、読める向きを揃える事で間違えにくくしている

受光素子が小さいせいか逆光にはめっぽう弱いが、そこは仕方ないかなぁー
こういうの許せない人も居るだろうけど、自分は慣れてしまった
20150424 233940 PENTAX Q7.jpg

このカメラは毎日ぶら下げてても全然肩が凝らないというのが素晴らしい
ときどき画質の抜けの悪さを感じるけど、その時は他のカメラを持ち出せばいい
素晴らしいカメラだけど重いというのは仕事で使うのなら当然だけど
普段使うカメラはこれでいいのだ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック