FOTGA

以前に買ったマウントアダプター

怪しいながらもキヤノンのEFレンズがα7でもAFも絞りも駆動するというので買ったのだが
確かにAFは一応動くというレベルでやっちゃった!的な感じだった

*ファインダーにiPhoneを押し当てて撮った (^^;

しかしα7IIのバージョンアップ(Ver.2.00)で劇的に使えるようになった
理由はマウントアダプター経由でも位相差AFに対応したからだそうな
(ちなみにα7RIIは最初から対応してる、α7II以前はダメっぽい)
今まではコントラストAFだったので、どうしても挙動がじれったい感じになるみたい
しかし後から位相差AFに対応するってどういう仕組みなんだろう?

でも不可解なのはα7RIIはモバイルバッテリーから給電しながら撮影が出来ることが
何故かα7IIは出来ない、バッテリーグリップ買えという事なのか…
今回のマウントアダプターにはまだ問題があってバッテリーの消費が激しい

でもこのレンズ、キヤノンの40mmよく写る!
難点はフードがダサい、なのに高い
自分はニコンのパンケーキ45mm用のHN-35を使ってます
フィルターサイズがキヤノンなのに珍しい52mmなのでニコンがピッタリ
ちょっと前にフジツボフードが流行したのかUNが出していたんだけど
このHN-35も揃って絶版…

このマウントアダプター、誰か他のレンズでも試したヒト居ないかな

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック