パワーアップした?

さてCPUの改造の結果は…
スクリーンショット 2018-06-23 08.11.42.png

ちゃんと3.46 GHz  6-Core intel Xeon動いてる!
まぁ動くだけで十分なんて思ってしまうわけだが
挙動はなんというか少しキレがある、かな?
プラシーボ効果だと言われたらそれまでか

肝心のLightRoomの動作が速くなったのかテスト
以前取り込んだ写真データ100枚、D3XのRAWデータを新しいカタログを作成し
HDDへコピー、リネーム、スマートプレビューと1:1プレビューを作成させてみた
IMG_1189.png
iPhoneのストップウォッチなので正確ではないけど
ラップ1はHDDへのコピー (USB2.0のカードリーダーなんで遅い…)
ラップ2はスマートプレビュー
ラップ3は1:1プレビュー終了まで
IMG_1191.png
CPU交換後にまた新しくカタログを作り同じことをさせてみた結果
ラップ4は間違えて押したので無視して比べると
コピーはCPUは全く関係なく、プレビューはどちらも速くなった
スマートプレビューで 5:09.12が4:21.15だと大体82%程度
1:1プレビューでは75%短縮されてる、手動でストップウォッチの計測だから
誤差があるから8割程度の高速化とおもうと悪くない

ところでCPU交換の情報を調べてたらメモリーは1333MHzに変更ってされてるけど
自分とこのは1066MHzのまま、スピードはともかく動くんだね
スクリーンショット 2018-06-23 08.12.05.png

調子に乗ってメモリーを増やそうと考えて調べてたらショックなデータシートを発見してしまった…
W3690は最大24GBまで、X5690は288GBまでサポートしてる
今さら32GBまで増設するのはどうかと思ってたがちょっとショック
X5690にすれば良かったかなぁ

この記事へのコメント