火星襲来

これが限界だった
20180801 021607 PENTAX Q7.jpg

今回もQ7を使ったんだけど
500mmに2倍テレコンを使えば4600mm相当になるのだが

これはとってもピント合わせが難しい

三脚と雲台が一番のキモになる

自分は中古のギア雲台を使用してなんとか…


そうしてみてわかったことが火星の動きの速さ

ファインダーに納めているつもりが

じりじりとアリンコが歩くように動くのである


そしてレンズも問題でミラーレンズはイマイチかも

ピントが合わないとリングぼけになってしまう(下の写真参照)

20180801 020710 PENTAX Q7.jpg

一見リングでなくなればピントがあってると思わせて

微妙にボケているのかこれが難しい


本当に星空は難しいねぇ



この記事へのコメント