タペット調整

タペット調整してみよう
IMG_0359.jpg

今回オサダモータースの新しい試みというか
半分手伝ってもらって自分でメンテナンスをしてみようという感じでやってみた
社長の気まぐれなのかもしれないが
やり方がわからずに壊してしまうというのが防げてお財布にも少し優しいということ

まず早速やることはオイル抜き
今回のメニューはオイル交換とジェネレーターカバーのオイル漏れ対策とタペット調整
オイルを抜いたらジェネレーターカバーを外すのだがこれがなかなか大変だった
一番上のところのボルトにアクセスするにはレギュレーターを外してもフレームが邪魔をしている
サイドからというのも難しくレギュレーターの裏の電気周りを少しずらして何とか六角が入った
正直またやるのは嫌だなぁ
IMG_0358.jpg
外してみるとまだまだ綺麗なエンジンルーム
確認したけど特に異常はなし、配線を取っているゴムパッキンから漏れている感じだった
ここのパッキンはまだ使えそうなので液体パッキンでシーリングして締めましょう

タペット調整にも取り掛かり、吸気側は0.15の排気側は0.20になるよう調整
確認すると排気側が少し狭くなってるぐらいでそこまではズレていなかった
とはいえ感触を覚えるためにも調整をしておこう
IMG_0360.jpg
調整完了して綺麗にしたら新しいパッキンで組み立てたら出来上がり
今回シャフトのカルダンオイルは交換せずに次回交換する予定

仕上がったらエンジンのフィーリングはメカノイズは多いものの悪くない
オイルの漏れは様子見
自分でメンテナンスすると愛着が湧くよね

"タペット調整" へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。